スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2世帯住宅のリフォーム~2階は・・・

前回の記事でレポートした2世帯住宅のリフォーム、今回は2階のレポートです。2階も間取りは変えずに内装をリニューアルしました。

新しい家族を迎える2階は、思い切って玄関ドアを交換しました。15年経つと玄関ドアも進化しています。安全性・断熱性を考えると、また今後、また何十年と住む事を考えると、交換には良い時期だと思います。
岡本15

カバー工法と言って、既存の枠を利用して取付るので、外壁等を傷める事なく、短時間で交換が可能です。
岡本18

キッチンは既存の物を利用し、扉のみ塗装しました。ガスコンロとレンジフードは最近交換したばかりでした。それらの機器は10年ぐらいで交換が必要になる事が多いですが、キャビネットは引き続き使える事が多いです。
岡本13

北欧風インテリアにしたいとの事で、薄いグリーンに塗装しました。
岡本1

洗面所も同様に扉のみ塗装です。
岡本14

こちらは、ブルー系です。
岡本17

玄関のところにあるパーテーションも塗装でリニューアルしました。
岡本16

外壁と同じく白でしたが、床のタイルに合わせてベージュにしました。お家の顔と言える部分でしたが、白い塗料という事もあり、汚れが目立っていました。家全体を塗り替えなくても、印象が変わりました。
岡本2



スポンサーサイト

2世帯住宅の代替わり~ここからまた、新しい家族が始まります

今回の施主が親世帯と一緒に住む為に新築した家。施主のお子様は、ここで生まれ育ち、ご結婚して巣立っていきました。そして月日が経ち、今度はお子様の世帯と一緒に住む為に、リフォームする事になりました。築25年が経ち、色々なところが傷んだり壊れたりしていましたので、リニューアルするにはちょうど良い時期だったと思います。

まずは親世帯が住む事になる1階をリフォーム。間取りは変える必要がなかったので、リビングは床・壁・天井の貼り替えをしました。
before
IMGP7274.jpg

after
白いフローリングでガラリと雰囲気が変わりました。カーテンも変わっています。
DSC_8892.jpg

before
IMGP7268.jpg

after
DSC_8889.jpg

before
ウィリアムモリスの壁紙が印象的な寝室でした。
IMGP7280.jpg

after
前の雰囲気を受け継ぎつつ、リニューアル。
IMGP7700.jpg

before
オーダーメードのキッチンでした。
IMGP7277.jpg

after
ショールームで一つ一つ選んできました。
DSC_8882.jpg

before
洗面台もオーダーメード、壁はタイル貼りという豪華な作りでした。
IMGP7578.jpg

after
壁のタイルは残して、傷んでしまったキャピネットは交換しました。
IMGP7709.jpg

before
ユニットバスを交換するかどうかは悩んでいらっしゃいました。ユニットバスの交換は「壊れた」という事ではなく「汚れた」という事が動機になる事が多いです。そして、プロがクリーニングすると、汚れはほとんど落ちます。(床や壁の表面は劣化して、ツヤは無くなりますが)
DSC_7403.jpg

after
しかし、これから先30年以上住むかもしれない事を考えると、この機会に交換しておく事が良いという事になりました。ユニットバスは日々進化していて、どこがと言えば「お手入れのしやすさ」です。今後の家事の負担を減らす為に、交換は正解だったと思います。
DSC_8886.jpg

大家族を支えるキッチン~家事の負担を減らしたい!

2世帯が暮らす大家族の生活の中心はキッチン。食事のタイミングもそれぞれなので、奥様はたいていキッチンにいる事になります。しかもお仕事もしていらっしゃるので、その忙しさは大変なものでしょう。忙しい日々の中で、なかなかリフォームまで手が回らなかったようなのですが、ご縁がありご提案させて頂く事になりました。一番右の図面が、もともとのキッチンです。2パターンのリフォーム案をご提案しました。
田島邸1

一番の問題点は、コンロと家電収納が重なっているので、コンロの正面で調理が出来ない事でした。
田島邸6

また、この食器棚を無くして、少しでもスペースに余裕が欲しいというご希望でした。
田島邸7

工事の始まりです。忙しい中、中身を綺麗に片付けておいて下さいました。この機会に処分した物も沢山あったようです。
田島邸4

電気屋さん、水道屋さん、大工さんが一同に作業。
田島邸5

完成です。写真右側のスペースには家電収納が入る予定です。卓上の食洗機は、以前の物を利用しました。
DSC_8516_2018011815545913d.jpg

ガスコンロも最近交換した物だったので、再利用です。レンジフードは自動洗浄機能付き。懸案だった食器棚の中の食器もすべてキッチンのキャビネットの中に収納出来ました!

完成から数日後、使い心地をお伺いすると「とても快適です」とおっしゃって頂きました。少しでも家事の負担を減らす事が出来ていたら、嬉しいです。
田島邸3

キッチンをより使いやすく!~システムキッチンも部分交換が可能です

築20年以上の木造お宅です。幼いお子様達が立派に大学生になるまでを支えてきたキッチン。少々壊れたり不便に感じても、リフォームを考える余裕もなかったと思います。少し余裕が出てきた時にガスコンロの調子も悪くなってきたしという事で、キッチンのリフォームの検討を始めました。
及川3

直したい場所は2ヶ所です。1つはガスコンロ。コンロの下にレンジがビルトインされているタイプですが、かなり前にレンジは使えない状態になり、タッパー類の収納庫になっていました。
及川1

2つ目は吊戸棚です。手が届かないので日常的に使う物が収納できず、中に何が入っているかも分からない状態に。
及川2

工事が始まりました。吊り戸を外してします。
及川4

ガスコンロとレンジの撤去後です。
及川5

ガス台です。今度はレンジではなく、引き出し収納となります。微妙に寸法が合わず、大工さんが高さをカットしています。
及川6

ガス台が入りました。上の写真でカットした部分は、後から差込みます。
及川7

完成です。新しく出来たコンロ下の引き出しには、鍋類を収納します。
及川10

シンクの前の吊り戸も交換しました。
及川9

内部がノックダウン式になっています。これなら吊り戸もデットスペースにならないと思います。
及川11

キッチンまるごと交換という事ではなく、部分的に交換するというのも、アリですね。

築40年のマンションをリニューアル~活かせる部分は残したバリュープラン

築40年のマンションは、今回の施主のご実家でした。長い間暮らしてきたご実家は数年前から空家となり、「なんとかしなければ・・・」と常に心に引っかかっていらっしゃったようです。当店の工房「DIYスタジオ・エル」を知って頂いたのがご縁で、今回リフォームをさせて頂く事になりました。
シダ邸b平面

4人のお子様がいらっしゃり、既に1戸建てのマイホームをお持ちという事で、活かせる部分を残したバリュープランをご提案しました。個室が多く、新築よりも値段が安い物件は中古マンションならではで、賃貸でも人気があります。
シダ邸a平面

玄関からリビングをみたところです。
シダ邸b1

明るさが全然違います。
シダ邸a1

昭和な雰囲気の玄関。
シダ邸b2

レトロな感じを活かしつつ、今風に。
シダ邸a2

狭い洗面所の狭さを解消するには・・・
シダ邸b3

キッチンとの間の壁に引き戸を付けました!実はこの案は現場の大工さんには不評でした。「なぜこの引き戸がいるのかが分からない」と言うのです。わたしには、なぜ分からないのか、分かりません! 実際、作って正解でした。
シダ邸a3

共用廊下側の個室2つは、子供部屋になる事を想定。ベットを置くと机が置けないのはまずいのでは・・・
シダ邸b4

収納の扉はあえて撤去して、ここに机を置けるようにしました。クローゼットとして使う事も出来ます。これは施主のアイディア。
シダ邸a4

現状のキッチンの位置だと、冷蔵庫や家電類の置き場所に困ります。
シダ邸b5

大幅な位置の移動は大変なので、90度回転させました。
シダ邸a5

ベランダ側は2部屋をワンルームにしました。
シダ邸b6

ちなみに、写真に写りこんでいる箱は、押入れの奥に眠っていたお茶箱です。当店の工房でリメイクして、施主にプレゼントしました。こちらのマンションは築40年とはいえ、メンテナンスが行き届いている事と、閑静な環境で今でも人気の物件です。
シダ邸a6

sidetitleプロフィールsidetitle

エル・リフォーム

Author:エル・リフォーム
早くもリフォーム歴20年になりました。年々成長しているかはかなり疑問ですが、年を重ねるごとに、お客様との出会いを楽しめるようになりました。プライベートでは二人の子持ちで、毎日バタバタは生活しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。