マンションのリノベーション★100㎡超の広々とした間取り

100㎡超の広々とした室内は、羨ましい限りなのですが、生活動線を考えると使いにくい部分がありました。独立型のキッチンや洗面所やトイレの出入りの部分です。今回はポイントをしぼった間取りの変更と、老朽化に伴う床板の補修や給水管・給湯管の交換を行いました。

before
1階 平面図

after
3階 平面図

before
リビングとの間に壁がある、独立型のキッチン。
星川3
リビング側からキッチン方向の写真。
星川5
同じくリビング側からキッチン方向の写真ですが、上の写真は向かって右側、こちらは向かって左側です。
星川4

after
リビング側から向かって右側の写真。オープンキッチンとなり、キッチンにもベランダからの明るい日差しが入ります。
星川8
向かって左の写真。左側のドアはLDKの入口です。スペースは十分にあるので、カウンター等でキッチンスペースとダイニング・リビングスペースを仕切って使えると思います。
星川9

before
広いので、かえって寒々しい印象だった玄関。
星川1
内装の雰囲気が年代を感じさせます。古びた印象はいなめません。
星川2

after
玄関の床面は暖色系で明るい雰囲気に。床面とドアの色のコントラストで、ガランとした印象を解消。
星川10
星川11

見えない部分の工事となりますが、給水管・給湯管の交換をしました。20年以上たったマンションの場合は、必要となります。
星川6

やはり、20年ぐらい経つと、床がフカフカしてくる事が多いです。床板の老朽化です。今回は既存の床板の上にベニアで補強しました。
星川7
スポンサーサイト

築50年、家族みんなが暮らしやすい場所にリニューアル!

今まで、おじいちゃまが、一人でお住まいになっていた築50年の木造住宅。リニューアルして、娘さん家族が一緒に暮らす事になりました。家族全員が快適に暮らす事が出来る住まいを目差します!

施工前のキッチンです。
田中邸宅キッチン前

施工後です。位置はかえていませんが、L型にして、食器などの収納もすべてシステムキッチンの中になりました。週末には大人数で食事する事が多いという、料理上手な奥様のこだわりのキッチンです。
田中邸キッチン後

写真中央の廊下⇒キッチンの入口を塞いで、家電収納のスペースを作りました。
田中邸キッチン前2

炊飯器・電子レンジ・電気ポット等の家電を余裕を持って置く事が出来ます。
田中邸キッチン後2

浴室は洗面所がなく、洗濯機置き場と一体になっていて、冬は寒く、段差もありました。
田中邸浴室前

広すぎた浴室を仕切り、洗面所を作りました。洗面台の向かい側には洗濯機置き場を設置。もちろんバリアフリーです。
田中邸浴室後

お部屋は、ザ・昭和という感じでした。ハンガーに色々掛けるのが大好きだという、おじいちゃま。
田中邸洋室前

作りこんだ天井は、そのまま残しました。リビングにもクローゼットを作り、おじいちゃまの服や、お客様の服を収納出来るようにしました。
田中邸洋室後

最後は玄関です。
田中邸玄関前

玄関の土間はそのまま。壁は塗装のみです。古い物と新しい物がうまく融合しているのではないでしょうか? 

リフォーム後のお家に暮らし初めて2ヶ月がたち、「おじいちゃまは、気に入って下さっていますか?」と、おうかがいしたところ、まだまだ、慣れていないとの事でした。便利になった部分、逆に気がつかなかった問題点も、教えて頂く事ができ、今後の参考になりました。リフォームの仕事は引渡したら完了ではなく、長い目で見守っていく事が大切だと思いました。
田中邸玄関後

木造・築50年以上?~再生~ネコちゃんと暮らす家

はじめてお電話を頂いた時には「雨漏りを直したい」との事でした。当社のご近所という事で、ご来店頂き、詳しくお話を伺うと、雨漏りは、かなり深刻な状況。訳あって、しばらく放置してきた建物は、屋根だけでなく、壁面も傷みがはげしく、雨漏りの影響で内部も、かなり傷んでいました。

話し合いの結果、まずは、外部をしっかり修繕し、内部も使いやすく快適な住まいに「再生」する事になりました。
ご提案したイメージ
2面 パース スタジオ

Before
原田前①

After
以前はお店をしていらっしゃったという、1階の部分を撤去しました。ブロック塀をカットして、ウッドデッキ&フェンスを取付。屋根は瓦を下ろして軽い材質のコロニアルに改修し、外壁は防水処理をした後、塗装しました。
原田後①

Before
原田前②

After
風通しが悪く、物置となっていたお庭が、リビングの一部として有効利用出来るようになりました!
原田後②

Before
原田前③

工事中
床はタタミ、荒床を撤去しました。正面にあった窓は、仮でベニアで塞いでいます。
原田中③

After
実は、ネコちゃんが大好きで、一緒に暮らす事が当たり前の施主様。床はペット用のクッションフロアにしました。正面の2間の窓は1間に縮小し、耐震補強をしました。
原田後③

Before
タンス等が置いてある先は店舗だった部屋です。
原田前④

After
店舗部分を思い切って撤去した事で、ここにも窓が出来ました。ここはネコちゃんたちのお昼寝の場所となる予定。
原田後④

Before
2階部分。雨漏りで一番傷んでいた部屋です。
原田前⑤

After
シンプルですが、天井や床の補強をしっかりやっています。
原田後⑤

Before
親子2代で使った、年季の入ったキッチンでした。
原田前キッチン

After
キッチンは、場所を移動しました。広々としたダイニングキッチンとなりました。
原田後キッチン

Before
タイルの浴室でした。
原田前 UB

After
ユニットバスです。タイルからユニットバスにすると狭くなりますが、お手入れが簡単で、バリアフリーに出来るので、やはりおすすめです。2ヶ月以上の、長い工事となりまたが、施主様に協力して頂いて、スムーズに施工する事が出来ました! ありがとうございました。
原田後UB

対面キッチンをリニューアル~家事をしながら子供とコミュニケーションを取れるように

まだ新築の香りただよう、若いご夫婦のお家です。イクメンのご主人は長身で、キッチンで作業をしていると、下がり壁が目線をさえぎり、子供の様子を見る事が出来ませんでした。この壁が無ければ、もっと広々としたLDKになるのでは・・・という事で、ご相談を頂きました。
松崎①

今や定番となった対面キッチンですが、配膳の事を考えると動線が悪いという声も多いです。出来上がった料理を仮置きするスペースがあると、かなり便利です。現状、そのようなスペースはありません。
松崎②

育児・お仕事が忙しく、背面の収納は仮のままとの事。ここも何とかしたい!
松崎③

打ち合わせをかさね、このようなプランをご提案しました。
松崎⑧


施工後です。吊り戸が無くなっただけで、驚く程の開放感です。
松崎⑦

シンクの前をカンウターにし、高さも低くて、調理スペースとしても利用可能としました。
松崎⑥

背面も、このとおりスッキリしました。家電を置くスペースも十分です。工事中は工事がやりやすいようにと、夜遅くまで片付けをして下さったり、職人さん達に、ねぎらいの言葉をかけて下さったり、本当に素敵なご家族でした。
松崎⑤

築30年以上鉄骨3階建てリフォーム、完成しました!

怒涛の追い込みで、ついに完成しました。クリスタルの天板のTOTOのキッチンが主役のLDKです。
IMGP4874.jpg

キッチンから見たリビング
IMGP4877.jpg

色々あった階段。みていると苦い思いがこみ上げてきます。この写真は私の中に永久保存して、いましめに・・・
IMGP4879.jpg

収納タップリの洗面所です。3階建ての場合は、洗面所に衣類の収納があると便利ですよね。ここは特にトラブルなし。
IMGP4892.jpg
sidetitleプロフィールsidetitle

エル・リフォーム

Author:エル・リフォーム
早くもリフォーム歴20年になりました。年々成長しているかはかなり疑問ですが、年を重ねるごとに、お客様との出会いを楽しめるようになりました。プライベートでは二人の子持ちで、毎日バタバタは生活しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR